鑑定士協会からのお知らせ

Home » 鑑定士協会からのお知らせ » 【お知らせ】「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」について

【お知らせ】「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」について

一般社団法人茨城県不動産不動産鑑定士協会では、「自然災害による被災者の債務整理ガイドライン」

に基づく登録支援専門家の委嘱依頼を受付けております。ご相談ください。



■「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」について■

「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」とは、平成27年9月2日以降に災害救助法の適用を受けた自然災害の影響によって、住宅ローン等を借りている個人や事業性ローンを借りている個人事業主が、既往債務を弁済できず再スタートが困難になることを想定し、そのような債務者が一定の要件を満たした場合に、法的倒産手段によらずに、債権者(主として金融債務に係る債権者)と債務者の合意に基づき、債務整理を行う際の準則として取りまとめられたものです。
 
平成27年9月の関東・東北豪雨災害において被災された皆さまにつきましても、災害の影響によって住宅ローンや事業性ローンの既往債務を弁済できなくなるなど一定の条件に該当する場合は、「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」の対象となります。

 

 
「自然災害による被災者の債務整理ガイドライン」について、詳しくは債務を有している金融機関にお問い合わせいただくか、下記をご参照ください。

一般社団法人 全国銀行協会ホームページ
ガイドラインのご案内(PDF)

ページトップ